【トヨタ・ディーゼルエンジン】www.事故車買取相場.com/toyta.html

事故車買取の相場に関する“高額査定”のレポート・・・いかがでしたか?

まずは、【タウ】で査定を出してもらって、その後【carview カービュー】で一応一括査定受け下さいね!

さて、トヨタはディーゼルエンジンについて、本体と豊田自動織機の双方で手掛けているが、15年から先端分野を除いて豊田自動織機に集約するそうです。

MTの開発はトヨタからアイシン子会社のアイシン・エーアイへ移管。

生産面でも16年中ごろをめどにトヨタの衣浦工場のラインをエーアイの工場に移します。

3事業の集約に伴う人員の異動や処遇などは今後労使で詰めるとのこと。

グループ再編最大の狙いは、「ものづくり力の強化」にあります。

3事業それぞれで開発から生産までを一貫して手掛ける専門家集団をつくり、開発スピードや価格競争力を高めます。

これまではデンソーとアイシンが同じブレーキをつくるなどグループ内で競合があり、研究開発や営業活動が重複する弊害が生じていました。

「長年の懸案だった大再編。よく踏み切った」・・・・と。

クルマは3万点の部品を組み上げてつくるのですが、トヨタは75%を本体以外から調達しています。

従来はグループ内からの購入が多かったのですが、ディーゼル車や燃料電池車など開発戦線が拡大するにつれ、外部企業からの調達が増えています。

一方、外部環境の変化も激しいです。

トヨタがグローバル競争で最も警戒するのは独フォルクスワーゲン。 同社の躍進をデンソーやアイシンのライバルである独ボッシュやコンチネンタルが支える構図が鮮明になっています。

トヨタは付加価値を可能な限り内部に取り込む必要があったのです。

「強い部品」をそろえた先にトヨタが見据えるのは、車のつくり方の抜本的な見直しです。

15年末から始まる「TNGA」と呼ばれる部品共通化と車台の集約で、トヨタは車の開発時間を縮め、原価も抑えようとしています。

「部品再編と車づくりの改革はセット」。

グローバルで1千万台体制を維持するには、トヨタだけが変わってもダメだという判断もグループ再編を後押ししました。

トヨタは15年3月期に過去最高となる連結純利益2兆円を見込みます。

それでも豊田章男社長は、今を「意志ある踊り場」と位置づけ、規模の拡大よりも経営の足場固めを優先しようとしています。

社員の出向・転籍など痛みも伴う今回の大規模再編はその象徴です。

自動運転車を開発する米グーグルなど、自動車分野への新規参入で競争がさらに激しくなることが見込まれます。

トヨタはさらにグループ再編を進める可能性が高いです。

事故車買取の相場|高額査定のココが私のお勧めですのトップページへ