事故車無料査定【TAU タウ】


中古車の買取の相場ってどうやって決まるの?

■中古車の「相場」にはいくつかの種類がある!

車を手放す状況には色々な場合が考えられますが、多いのは「新しい車に乗り換える時」です。

次に購入する車が決まり、それに合わせてそれまで乗っていた車を処分するために売却・譲渡・廃車と言った方法を選択することになります。

ただ、購入資金の足しにすると言った意味でも、「売る」という選択をすることは非常に意味があります。

仮に買い取ってもらえなかったとしても、少なくとも廃車に掛かる費用や労力は節約することが出来るので、非常におすすめです。


■中古車買取業者を利用する場合

中古車買取業者を利用する場合、事故車に限らず関係してくるのは「市場相場」と呼ばれるものです。

これは中古車買取および販売を専門的に行っている業者に対して関係してくるもので、ディーラーや販売店などの「下取りをメインとしている業者」については関係が薄くなります。

こちらに関する説明は次項でするとして、まずは専門業者に関係するものについて説明していきます。

専門業者の場合、「オークションで商品を仕入れて販売する」というプロセスを経ます。

個人から直接買い付ける場合もありますが、取引の絶対数で言えばオークションの方が多くなります。

その為、オークションで「平均落札価格がいくらなのか」ということが価格決定に大きな影響を与えます。

オークションで平均100万円で取引されている車種であれば、個人から100万円を超える金額で仕入れなくとも十分にメリットがあります。

むしろ、よほど良い状態の商品でない限りはオークションで仕入れた方が安いというメリットすらあるほどです。

その為、専門業者はオークションの平均落札金額を「ベース価格」として採用し、それに合わせて買取価格を設定します。

後は個々の商品に合わせて、その価格を増減していきます。


■販売店やディーラーを利用した場合

前項でも少し触れましたが、販売店やディーラーを利用して車を引き取ってもらう場合は「下取り」と呼ばれるものになります。

専門店を利用する場合との大きな違いは「基準価格の算出方法」で、どちらかと言えば下取りの場合は低い評価になる可能性が高くなります。

オークション結果によって左右される割合が大きく、市場の状況によっても大きな変動が起こる可能性のある買取りと比べ、下取りの場合は「メーカー基準」の評価で取引が行われます。

市場における需要が反映される割合が非常に少なく、あくまでもメーカーが独自に評価している基準によって価値が算出されます。

例えば、新車として登場したばかりの車であれば評価基準は高く、おおよそ新車価格に近い評価で下取りしてもらえる可能性もあります。

しかし、すでに発売から年数が経っている車に関しては、仮に市場で高い評価を得ている場合であっても低い評価になってしまう可能性があります。

下取りで影響するのは「メーカー相場」であり、これはあくまでもメーカーが独自の基準で設定しているものです。

市場でどれ程評価されていようとメーカー側では高く評価されていない(発売からの年数が経過しているなど)場合は価値が低くなってしまいます。

また事故車の場合ですと、引き取ってくれない可能性もあり、逆にお金を取られることあります。

事故車買取の相場|高額査定のココが私のお勧めですのトップページへ